アルバイト・フリーターのキャッシングについて

消費者金融おすすめ

キャッシングは何も正社員でなくとも、アルバイトでもフリーターでもパートでも借入をすることができます。その大前提としては「定期的な収入があり、安定していること」です。キャッシング会社にとってお金を貸すことは返してもらえるだけの能力がある人にだけ貸すということです。
アルバイトやフリーターでもキャッシングは基本できますが、短期間で次々と仕事を変えている場合などはキャッシングは難しいと言えるでしょう。定期的な収入がないと思われるからです。よって、ひとつの職場で長い間働いているほうがアルバイトという立場でも、お金を貸すほうとしては安心できますよね。なのでもしあなたがアルバイトかフリーターという立場でキャッシングをすることに不安要素があるならば、一度相談をしてみることをおすすめします。

 

アルバイトの方がキャッシングをする際の注意点

アルバイトは正社員に比べて返済能力が低いですが、悪質な金融業者の中には有名ではない会社も融資を行っていたりしますので、自分の身分がアルバイトだから審査ができるだけ緩い会社で融資を受けるのではなく、できるだけ有名な会社に融資の相談をしたりしてみるほうが確実です。

キャッシング 実質年率 限度額 フリーター おすすめ度 詳細
アコム 4.7%〜18.0% 500万円 あり あり 詳細へ

オリックス銀行キャッシング

3.0%〜17.8% 最高800万円 あり あり 詳細へ
プロミス 4.5%〜17.8% 1〜500万円 あり あり 詳細へ
レイク 4.5%〜18.0% 500万円 あり あり 詳細へ

 

※「プロミス」即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

※「プロミス」フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

消費者金融でキャッシングする条件

消費者金融おすすめ

消費者金融がお金を貸せる対象者をチェックしてみると、意外とアルバイトの表記がある会社があります。または「安定収入」という文字があることが多いです。アルバイト・パートだから融資をしないということはないのです。大切なのは安定した収入があり、貸したお金をきちんと返してくれるのかということです。

 

当然、キャッシングを行うにあたっては審査があります。特にキャッシングの場合、安定した収入の定義が各会社で違うので、問い合わせてみることをおすすめします。会社からすれば未回収は絶対に避けたいところなので、大手のキャッシング会社は「安定」の基準が高いことが多く、中堅どころはある程度基準を低めに設定しているケースが多いです。